干し椎茸VS生椎茸 どっちが旨い? パート2

しいたけはしいたけでも、

干してあるか、生のままか、

まったく味・香りが違うと感じたことがありませんか??

実は、秘密があったんです。

先にも述べましたが、しいたけには

グアニル酸という、うまみ成分が含まれています。

この量が多いと、

「おいしい!」と感じるわけです。

実際にこのグアニル酸の量を量ってみましょう!

というわけで、調べてみました。

ある番組で発表していたデータを使いたいと思います。

生シイタケのグアニル酸量は
100グラム中「16ミリグラム」であるのに対して、
干しシイタケは「160ミリグラム」に達し、
生シイタケとのうまみの差は実に10倍。
(出典 NHKためしてガッテン)

そうなんです!!

「干ししいたけ」と「生しいたけ」では、

10倍ものうまみの差があるんです!

干ししいたけを使うだけで、いままでの料理が、

10倍はおいしくなる!!ということですね!

たとえは、鍋。

よく生しいたけを使いませんか??

わかります。生しいたけ入れてもおいしいですよね!

ですが、どうでしょう。これからは、干ししいたけいれてみませんか??

うまみ10倍ですよ??

笑いが止まりませんね!

しかし、これは、

干ししいたけを、「低温」で水戻ししなければ、

いけませんからね!!

水戻しの方法は別のページでご説明しております。

さぁ、皆様あしたから

素敵なステキな干ししいたけライフをすごしてみてくださいね!!

ガッテンしていただけましたでしょうか?!!?!

続きはこちらから>>

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=211&eid=34

ページトップへ