そうだ!身延山へ行こう!

そうだ!身延山へ行こう! ぜひ身延山にお越しくださいませ。

自然豊かな非日常を味わいに遊びにいらっしゃいませんか?

身延山山頂より

こちらの写真は、身延山山頂(標高1,153m)より撮影した、身延の集落です。

武州屋がございます、山梨県身延町(みのぶちょう)は、山梨県の南に位置し、富士山から西に約50km程の所にあります。

身延山までのアクセス

山に囲まれた大変自然豊かな場所で、日蓮宗の総本山【久遠寺】(くおんじ)があることでも知られております。

久遠寺は、山麓の標高400m付近にあり、本堂も大変立派で見応えがあります。

境内には五重塔や、樹齢400年を超える見事なしだれ桜があり、多くの参拝客で賑わっています。

また、近くに下部温泉もありますし、本栖湖やキャンプ場もありますから、旅行にもピッタリです。

身延では、宿坊に泊まることもできますよ!

そして、三門から久遠寺まで続く、約三百段の階段は、まるで絶壁です!

一見の価値ありです。

(外国人の友達が遊びに来た時、これを見てOh my god!!を連発していました・笑)

きっと非日常感を味わうことができると思います。

新宿から高速バスで3時間半。関西方面からも第二東名経由でお越しいただけます。

電車でしたら、甲府から静岡までを運行している【身延線】で「身延駅」までお越しください。

単線・2両編成なので、のんびりと「旅」をしている事を感じられることでしょう!(^O^)

それでは、バスの停留所から、三門までの道のりを見て行きましょう!

このバス停は、「JR身延駅」から「久遠寺行き」バスに乗った終点です。

また、新宿から出ている高速バス「身延行き」の「身延山」で下車しても、同じバス停に着きます。

「JR身延駅」の様子は、コチラに詳しく載せています

身延駅からお越しの場合は、身延山行きのバスに乗りましょう。

終点の身延山で下車して下さい。

ちなみに、バスで向かう途中に武州屋の前を通ります。

橘町(たちばなちょう)というバス停の前にありますので、遊びにいらしてくださいませ!

15分くらいバスに揺られていますと、このような駐車場につきます。

武州屋はここから少しだけ坂道をくだったところにあります。

身延山を目指す前に。。。

トイレはこちらにございます!

降りた停留所の向かい側の駐車場にございますよ。

それでは、身延山に向かいましょう。

バスをおりて、なだらかな上り坂を150m程登っていきます。

お土産屋や、旅館がいっぱいありますよ〜。

この、門前町を通り抜け、一路総本山を目指します。

突き当たりが、見えてきます。

やっとお寺の感じがしてきましたね。

ここを少し進むと、山門という大きな門が見えてきます。

大きいですね〜!

この門は、日本三大門の1つに数えられる事もあります。

この山門なんですが、左右には風神様・雷神様。

上にも登れるようになっていて、お釈迦様と十六羅漢様が安置されています。

それは、それは、すごいですよ。

お釈迦様と十六羅漢様は、お正月と、8月7日だけ参拝することができます。

知る人ぞ知る!という情報なんですが・・・(身延によく来られる方も、知らないかもしれません。)

この門の柱のどこかに、ひょうたんの形をしているところがあります。

ぜひ探してみてください!(^O^)

山門を通り抜けると、石畳が100mくらい続きます。

結構ボコボコしてますので、ちょっとだけ気をつけてくださいね。

ハイヒールはかなり危険だと思います。

途中に太鼓橋もあったりします。

杉が立ち並んでますね。

とっても太いですよ。

年月を感じます。

そして、ここを通り抜けると。あるものが、立ちはだかっています。。。。

これは壁でしょうか?という感じの階段があります!!!

287段の石段があります!

身延の住人なら、一度は必ず登ったことのある階段です。

とりあえず、深いことを考えずに、登ってみましょう!

けっこうのぼってますねぇ〜!

もし途中でつかれてしまって、

「もうだめ!!!」となっても、大丈夫です。

わきに迂回する道がございます!といっても、そこも、坂道ですが(笑)

まぁ、覚悟を決めて、階段を登ってみてください。

いやぁ〜、結構登ってきましたね。

ひぃひぃいってます(笑)

急がず、走らず、ゆっくり行きましょう。

止まるが少ないと書いて、歩くですからね!

ここが上りきったところです!下が、みえませんね。。。

やっと一息つけます。

あぁ〜。疲れた!!

身延高校の野球部は、ここを登って修行をつんでいるとかいないとか。ぜひ、甲子園に行ってください!!

もちろん、この階段を上らなくても、久遠寺には行けますので、安心してください(笑)

上りきると、目の前に、

久遠寺が!!!!

階段を登った人にしか分からない、爽快感を感じながら、お参りをしてください。

ページトップへ