干し椎茸VS生椎茸 どっちが旨い? パート1

私どもは干ししいたけの専門店なので、

しいたけをいろいろと分析しているのですが、

こんなことを感じていました。


「生椎茸より、干ししいたけの方が断然旨い」

です。

生のしいたけも美味しいですけど、

もっと美味しいのは、干ししいたけなんです。

ではなぜ干ししいたけの方が美味しいのでしょうか?

ちょっと調べてみました。

人間は食べ物を食べたときに、

食べ物にうまみ成分が入っていると、

うまい!と感じるわけですが、


干ししいたけにも、

そのうまみ成分が含まれています。


干ししいたけの旨み成分は、グアニル酸というものです。

グアニル酸はしいたけを加熱をすると生成されるんです。

そして、その時に重要な役割を果たすのが、

細胞の中にある、「リボ核酸」と「酵素」なのだそうです。

この

2つの物質が手を結んで、

加熱されると、

椎茸の旨みが倍増するんです。

ここがポイントです。


。欧弔諒質が手を結んで
       &
加熱させると


増えるんですね。旨みが。


ということは、

干ししいたけをおいしく食べるには、

なんとかして、

。欧弔諒質が手を結びやすくしてあげる。

加熱をしてあげる。


まるで、私たちの恋愛みたいですね(*ノェノ)キャー

ここで、

生しいたけと、干ししいたけを食べるまでの工程を見て見ましょう。

生しいたけは

「しいたけを収穫」

    ↓

  「調理」

です。


干し椎茸は食べるまでに、


「しいたけを収穫」

     ↓


「しいたけを乾燥」(干ししいたけにする。)

     ↓  


「干ししいたけを水に戻す」

     ↓

   「調理」 

という工程になります。


生しいたけにはない、

干ししいたけだけの、加工工程、

「しいたけを乾燥」・「しいたけを水に戻す」

の2つ処理をすることにより、


「リボ核酸」と「酵素」がより出会いやすくなるんです。

干ししいたけを食べるまでの段階に、うまさを作り出すキッカケがあったんです。


だから生椎茸より、干し椎茸がおいしくなっちゃうんですね!!


先人たちは、このことを知っていたのでしょうか。

すごいですよね。

加熱に関しては、干ししいたけの戻し方のページで説明します。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=211&eid=14

ページトップへ